おまとめローン

借金1本化後の変化について

おまとめローンに切り替えることで実質的に得ることができるメリットをじっくり検証してみたいと思います。

 

おまとめローンは債務整理とは異なり、借金の山を一気に切り崩すような作戦ではありません。

 

 

具体的な旨みが見えずわざわざ契約し直すことに疑問を感じる債務者もいらっしゃるようですが、条件次第では借り手にプラスになる変化が訪れることは間違いありません。

 

そうでなければただでさえ慌ただしく落ち着かない生活を送っている中、あえて新しい金融商品を契約し直す手間暇をかける意味がありません。

 

おまとめローンの良さを実感しやすいのは、既に何箇所からもお金を借りている危険信号がピコピコ鳴っている借り手なので・・・。

 

 

色々な角度から検証してもおまとめローンは借り手にとって魅力溢れる金融商品であることが分かりますが、契約後一番の変化は精神的な安心感を得られることかも知れません。

 

 

毎月何回も返済日を迎え落ち着かない生活を送っていると、まさに自転車操業で先が見えず常に不安を抱えたまま暮らすことになります。

 

複数日に跨る返済日までにお金を用意するのに精一杯で、一体今いくら借金が残っているのか把握しにくくなり、暗闇の中手探りで進んでいるような精神状態になりやすい点も問題です。

 

 

幸い、借金を1本に絞ることで返済日も月に1回に絞り込むことができますし、大半のケースで金利が下がるので返済額、返済期間もぐっと短くしやすくなります。

 

 

きちんと計画を立てやすくなることで「毎月この金額を返し続ければいつまでに借金がゼロになる」とゴールが見えてきます。

 

自暴自棄になりにくくなる効果、これも借金1本化の強い魅力です。

 

借入残高が管理しやすくなる

おまとめローンに切り替えた後、借りているトータル金額を把握しやすくなりますし、利息も計算しやすくなりますので借入残高が管理しやすくなります。

 

これはあちこちからばらばらの金利条件でお金を借りている借り手にとって、非常に大きなメリットです。

 

 

そもそも返す金額も日にちも違う借金を複数抱えていると、今現在自分はいったい総額でいくら返さなければならないのか、算出しにくくなります。

 

実際は利息分も加算されますから、大体これぐらい・・・とイメージしていた金額よりも大きい金額がのしかかっていることになります。

 

 

利息の計算自体、1箇所1箇所ばらばらなので整理し管理するのが難しい上、金利分だけ返すのが精一杯の生活を続けているうちに完済ゴールはどんどん遠ざかって行きます。

 

これが多重債務の負のスパイラルに陥る仕組みと言えるでしょう。

 

 

少額ならともかく、金額次第ではいつの間にか個人では返し切れないレベルまで借金が膨れ上がってしまう恐れもありますし、一線を超えてしまっていることに本人が中々気づきにくい点も厄介です。

 

 

辛い現実から目を背けず、一度借りているお金を算出しましょう。

 

金額によっておまとめローンを頼るべきか債務整理を選択するべきか、理想的な解決策が見えて来ます。

 

 

もしおまとめローンで問題を解決できるようなら、契約後借入残高を管理しやすくなることで精神的にも安定しやすくなる筈です。

 

今いったいいくら借りているのか分からない、いつまでに返済し終えることができるのかまったく検討がつかないようなら、黄色信号どころか赤信号が点滅しています。